ジャンプバッテリー



普段乗らないのと、買い物での夜間短距離走行が多いのでバッテリーの消耗が多い
環境です(^_^;)

突然のバッテリー上がりの時にも安心出来るジャンプバッテリーを購入しました。
車に常備しておくと安心です(^^)

バッテリー上がっても、バッテリーさへあれば
移動出来るのに…て時なら、ブースターケーブ
ルを積んだり、JAFを利用すると思います。
※あきらかに故障の時は何してもダメですが…

中でもブースターケーブルは手軽で昔からのア
イテムですが、救援をお願いするのを躊躇った
り、相手の車が近くに無いと使え無いのは言う
までもありません。

JAF利用も人里離れた様な所にはなかなか来
てくれず、数時間待ちもザラです。しかもお金
もかかります(現金のみの場合あり)

JAF参考料金
バッテリー上がり(交換)
 JAF会員無料
  (入会費¥1,500、年会費¥4,000)
 非会員 ¥12,800


もし一人で数分でしかも簡単にエンジンが復活
するなら、ラクですよねー(^^)
今はリチウムイオンバッテリー内蔵の商品が
出ています。少し大きめのスマホ位いの大き
さで、車載の鉛バッテリーとは比較にならな
い程軽量です(^^)

ジャンプバッテリーの仕様は各社ほぼ同じで
エンジン始動以外にもLEDライトや、USB端子
なども付属しています。

但し内蔵バッテリーの容量によって始動出来
るエンジンの大きさが異なるので確認してか
ら購入しましょう。

購入したのはバッテリー機器の定番suaoki製
を買ってみました。

バックライト付きの液晶画面には、バッテリ
ー残量や出力電力、入力電力などが表示され
ます。

内蔵バッテリー容量は、14,595mAh/54Whと大
容量で、内蔵バッテリーの充電は、USBから
行います。

また2.1A(2100mA)のUSB端子が2つありスマ
ホやタブレットを2台同時に急速充電するこ
とが出来ます。

付属品のハードケースに全て収納できるのも
良いです(^^)

ワニ口クリップは、安全重視なのかプラスチ
ック製なので、ちょっと心細い気はします。

ピーク電流は800Aもあるので、12Vガソリン
車6.0L、ディーゼル車5.0Lまでのエンジンな
ら始動可能です。安全保護機能も内蔵されて
いて、逆接続やショートなどから本体を保護
します。エンジンの強制始動も出来ます。
買ってすぐは放電しているので、時間はかかりますが満充電にします。

実際始動テストをしてみました。対象車はマイカーである日産エルグランド(E51)
のVQ35DEエンジンです。排気量が3,498cc 圧縮比が10.0のハイオク仕様です。

あいにく、バッテリー上がりの状態ではないので、擬似的にバッテリー上がり状態
を再現します。それはとても簡単で、車載バッテリーのマイナス端子を外すだけデス。これで車は停電状態になります。勿論、キーを回してもうんともすんとも言いません。

次にジャンプバッテリー本体の車の絵があるカバーをめくると現れる専用端子に付
属のブースターケーブルをしっかりと接続します。赤いワニ口クリップを車載バッ
テリーのプラス端子に、黒いワニ口クリップをボディーの金属露出部分に接続しま
す。

でもまだ始動出来ません(^_^;) ブースターケーブルの途中にあるグレーのコブ的
な箇所の横にボタンがあるので押します。するとカチンと音がしてグリーンLEDが
点灯します。これで準備OKです。

こんな掌大の軽いバッテリーで本当にこんなデカイエンジンが始動するのか、ちょ
っと疑問も感じましたが、有事の際に使えないと意味が無いので実験スタート(^^)

まずはキーをON位置に。メーターのインジケーターなどが点灯します。でいよい
よスタート位置に…へっ?! 普通に始動しちゃいました。始動のかったるさは全く
なくて、普通の始動と同じ感じだったのにはビックリしました。

1度始動させた直後のジャンプバッテリーの容量は100%のまんま。試しに数回始動
してみたら保護回路が作動して停電になりました(^_^;) その時のジャンプバッテ
リーの容量は75%くらいでした。加熱でも保護装置が作動するみたいで安心です。

これは使えますねー。さっそく車載としました(^^)

ちなみに…自然放電するらしく、3ヶ月毎に点検と充電をする必要はあります。